FC2ブログ

あのアンテナの正体

ずっと気になっていたアンテナがあって
それは東北自動車道の埼玉を走ってる時
下り側車線の奥〜の方に建っている
たか~いアンテナ。

何のためのアンテナなのかずっと
気になっていたのが今日のニュースで氷解♪
※ニュースは折り畳んであります。


日本の標準時刻電波は福島と九州の2ヶ所に
あるそうで、この前の地震で福島は
一時停止してたのではないかと夫が言います。

その福島の送信所
おおたかどや山標準電波送信所という所。

「おおたかどや」山?いったいどこで切るんだぁ?
と調べてみました。

大鷹鳥谷山と書くんですね。
>>おおたかどや山標準電波送信所 <<

ここの画像が私がずっと気になっていたあのアンテナと似てる。

で、電波送信アンテナで画像検索してみたら
東北自動車道で見かけるあの三角形のアンテナが♪




で、画像をしげしげと見て初めて理解したのですが(//▽//)

あの美しい三角形、アンテナはポールの最先端。

三角形をかたどる翼のように従うたくさんのワイヤーは
ポールを支えてたんですねぇ?
そこまには全く思い至りませんでした。
漠然とあのワイヤーも送受信とかに関係してるのか?ぐらい(爆)
たんなる支えみたいですね、はい。




ああ、どこかの誰かに嘲笑されているような気がする(恥)
そんなの考えたらすぐ思いつくだろうって。。。orz





という事で、受信ではなく送信の為のアンテナで
広範囲に送信出来るよう高さを稼ぐために
あーんな高いポールを建てて倒れないように多数のワイヤーで
支えているからああいう形状と納得した次第。



あ、一番多く目にしていた東北自動車道のアンテナはNHKの送信塔らしいです。
あれ一基でほぼ全国でラジオ受信出来るってホント!?すごい!!


>>送信塔見て歩き<<

>>ラジオのある風景<<

物好きな人ってけっこういるんですね(笑)
お陰で詳細がわかりました。

ああ、すっきり♪
ネットって素晴らしい(≧∇≦)

続きを読む

スポンサーサイト



リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる